RSS | ATOM | SEARCH
「百年法」山田宗樹読みました。

原爆が6発落とされた日本。敗戦の絶望の中、国はアメリカ発の不老技術“HAVI”を導入した。すがりつくように“永遠の若さ”を得た日本国民。しかし、世代交代を促すため、不老処置を受けた者は100年後に死ななければならないという法律“生存制限法”も併せて成立していた。そして、西暦2048年。実際には訪れることはないと思っていた100年目の“死の強制”が、いよいよ間近に迫っていた。経済衰退、少子高齢化、格差社会…国難を迎えるこの国に捧げる、衝撃の問題作。

 

感想

不老不死の薬が発明されるとこうなるか

未来の日本

人間の死についても考えさせられる

内容はおもしろく下巻が早く読みたくなる。

 

貴志祐介の「新世界」とまったく違う未来

 

星5つです。

 

author:アシュール真美ヶ丘店(五位堂駅より奈良交通バス5分), category:読書感想, 17:22
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:22
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://ashur.jugem.jp/trackback/992