RSS | ATOM | SEARCH
「あきない世傳 金と銀(七) 碧流篇」高田 郁読みました。

大坂天満の呉服商「五鈴屋」の七代目店主となった幸は、亡夫との約束でもあった江戸に念願の店を出した。商いを確かなものにするために必要なのは、身近なものをよく観察し、小さな機会を逃さない「蟻の眼」。そして、大きな時代の流れを読み解き、商いに繋げる「鶚の目」。それを胸に刻み、懸命に知恵を絞る幸と奉公人たちだが―。ものの考え方も、着物に対する好みも大坂とはまるで異なる江戸で、果たして幸たちは「買うての幸い、売っての幸せ」を実現できるのか。待望のシリーズ第七弾!

 

感想

いやー楽しみにしていた。

この7巻がいままで一番読みごたえがありました。

 

星5つです。

author:アシュール真美ヶ丘店(五位堂駅より奈良交通バス5分), category:読書感想, 19:51
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:51
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://ashur.jugem.jp/trackback/1064