RSS | ATOM | SEARCH
『そして、バトンは渡された』 瀬尾まいこ 読みました。

 

森宮優子、十七歳。継父継母が変われば名字も変わる。だけどいつでも両親を愛し、愛されていた。この著者にしか描けない優しい物語。 「私には父親が三人、母親が二人いる。 家族の形態は、十七年間で七回も変わった。 でも、全然不幸ではないのだ。」 身近な人が愛おしくなる、著者会心の感動作

 

感想

なんかほっこりする

こんな感じ好きです。

本屋大賞に納得

 

星5つです。

 

 

author:アシュール真美ヶ丘店(五位堂駅より奈良交通バス5分), category:読書感想, 16:45
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:45
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://ashur.jugem.jp/trackback/1063