RSS | ATOM | SEARCH
「ノースライト」横山秀夫読みました。

 

一級建築士の青瀬は、信濃追分へ車を走らせていた。望まれて設計した新築の家。施主の一家も、新しい自宅を前に、あんなに喜んでいたのに…。Y邸は無人だった。そこに越してきたはずの家族の姿はなく、電話機以外に家具もない。ただ一つ、浅間山を望むように置かれた「タウトの椅子」を除けば…。このY邸でいったい何が起きたのか?

 

感想

家族と建築士と親子の再生物語?

建築士の世界にも入っていけました。

良かったです。

 

星5つです。

author:アシュール真美ヶ丘店(五位堂駅より奈良交通バス5分), category:読書感想, 14:18
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:18
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://ashur.jugem.jp/trackback/1060