RSS | ATOM | SEARCH
『宝島』真藤順丈読みました。

 

英雄を失った島に、新たな魂が立ち上がる。固い絆で結ばれた三人の幼馴染み、グスク、レイ、ヤマコ。生きるとは走ること、抗うこと、そして想い続けることだった。少年少女は警官になり、教師になり、テロリストになり―同じ夢に向かった。超弩級の才能が放つ、青春と革命の一大叙事詩!!

米軍施政下の時代に翻弄されながら、立ち向かい、熱く生き抜いた沖縄の若者たちを描く超大作!そして現代に続く基地問題を知る必読の書!

 

感想

沖縄の戦後1952年から1972年の本土返還まで、20年の物語。

こんなことがおこっていたのか、沖縄の歴史が赤裸々に

 

星5つです。

author:アシュール真美ヶ丘店(五位堂駅より奈良交通バス5分), category:読書感想, 21:55
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:55
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://ashur.jugem.jp/trackback/1056