RSS | ATOM | SEARCH
「特捜部Q ―檻の中の女―」読みました。

 

捜査への情熱をすっかり失っていたコペンハーゲン警察のはみ出し刑事カール・マークは新設部署の統率を命じられた。とはいってもオフィスは窓もない地下室、部下はシリア系の変人アサドの一人だけだったが。未解決の重大事件を専門に扱う「特捜部Q」は、こうして誕生した。まずは自殺と片付けられていた女性議員失踪事件の再調査に着手したが、次々と驚きの新事実が明らかに!デンマーク発の警察小説シリーズ第一弾。

 

感想

文句なしのおもしろさ。

これはシリーズ全部読みたい。

 

星5つです。

author:アシュール真美ヶ丘店(五位堂駅より奈良交通バス5分), category:読書感想, 20:46
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:46
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://ashur.jugem.jp/trackback/1050