RSS | ATOM | SEARCH
「バルス」楡周平読みました。

ネット通販会社の物流センターでバイトを始めた大学生の百瀬陽一は、派遣労働者の過酷な職場環境と運送業務に忙殺される総合物流企業の苛烈な現場を目の当たりにする。広がる格差への不満を背景に非正規労働者の待遇改善を訴えて「バルス」と名乗る人物が「テロ」を仕掛けた!国内の物流が滞り、さまざまな産業が打撃を受け始める―。「ネット通販」「宅配便」「非正規労働者」過剰依存に警鐘を鳴らす!時代を先取るビジネス小説の雄による集大成。

 

感想

現在の格差社会への問題提起

いつもながら考えさせられる。

 

星5つです。

author:アシュール真美ヶ丘店(五位堂駅より奈良交通バス5分), category:読書感想, 17:50
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:50
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://ashur.jugem.jp/trackback/1047