RSS | ATOM | SEARCH
「ミッション建国」 楡周平読みました。

政界の大御所から、将来の国のあり方を考えて欲しいといわれた甲斐孝輔。改憲も必要だが、国民がいなくなったのでは国がもたない。早急に打開策を見出さなければならないのは少子化なのだ…。もう時間がない!無関心でいいのか!!若い官僚や政治家と組んで勉強会を立ち上げた甲斐孝輔は、オリンピック選手村の子育て住宅への転用、大規模オンライン講座MOOCの活用、第二新卒構想…と政策を練り上げるが、党の重鎮からは「若造が何を」と横やりが。急がば回れ、甲斐孝輔は東京都知事に圧力をかける…。

 

感想

日本人は、今読むべきです。

これから日本はどうなっていくのか

本当の問題定義だ

 

星5つです。

author:アシュール真美ヶ丘店(五位堂駅より奈良交通バス5分), category:読書感想, 20:25
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:25
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://ashur.jugem.jp/trackback/1044