RSS | ATOM | SEARCH
「オリジン上下」ダン・ブラウン読みました。

宗教象徴学者ラングドンは、スペインのビルバオ・グッゲンハイム美術館を訪れていた。元教え子のカーシュが、“われわれはどこから来たのか”“われわれはどこへ行くのか”という人類最大の謎を解き明かす衝撃的な映像を発表するというのだ。カーシュがスポットライトを浴びて登場した次の瞬間、彼は額を撃ち抜かれて絶命した。カーシュ暗殺は、宗教界によるものか?もしくは、スペイン王宮の差し金か?かくして、誰も信用できない中で、ラングドンと美貌の美術館館長・アンブラは逃亡しながら、人工知能ウィンストンの助けを借りて謎に迫る!

 

感想

ラングドンシリーズはやっぱりおもしろい。

今回はAIと宗教。

スペインに行きたくなった。

ガウディの建築物を見たい。

 

星5つです。

author:アシュール真美ヶ丘店(五位堂駅より奈良交通バス5分), category:読書感想, 17:37
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:37
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://ashur.jugem.jp/trackback/1041