RSS | ATOM | SEARCH
『花だより みをつくし料理帖 特別巻』高田郁読みました。

澪が大坂に戻ったのち、文政五年(一八二二年)春から翌年初午にかけての物語。店主・種市とつる家の面々を廻る、表題作「花だより」。澪のかつての想いびと、御膳奉行の小野寺数馬と一風変わった妻・乙緒との暮らしを綴った「涼風あり」。あさひ太夫の名を捨て、生家の再建を果たしてのちの野江を描いた「秋燕」。澪と源斉夫婦が危機を乗り越えて絆を深めていく「月の船を漕ぐ」。シリーズ完結から四年、登場人物たちのその後の奮闘と幸せとを料理がつなぐ特別巻、満を持して登場です!

 

感想

もう言うことなしです。

涙が何度も

 

星5つです。

author:アシュール真美ヶ丘店(五位堂駅より奈良交通バス5分), category:読書感想, 17:33
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:33
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://ashur.jugem.jp/trackback/1040