RSS | ATOM | SEARCH
「凍える牙」乃南アサ 読みました。

 

深夜のファミリーレストランで突如、男の身体が炎上した! 遺体には獣の咬傷が残されており、警視庁機動捜査隊の音道貴子は相棒の中年デカ・滝沢と捜査にあたる。やがて、同じ獣による咬殺事件が続発。この異常な事件を引き起こしている怨念は何なのか? 野獣との対決の時が次第に近づいていた――。女性刑事の孤独な闘いが読者の圧倒的共感を集めた直木賞受賞。

 

感想

女刑事音道貴子シリーズの第一作

ミステリーなのに最後は感動してしまう。

 

星5つです。

author:アシュール真美ヶ丘店(五位堂駅より奈良交通バス5分), category:読書感想, 12:19
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:19
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://ashur.jugem.jp/trackback/1000