RSS | ATOM | SEARCH
「あきない世傳 金と銀(七) 碧流篇」高田 郁読みました。

大坂天満の呉服商「五鈴屋」の七代目店主となった幸は、亡夫との約束でもあった江戸に念願の店を出した。商いを確かなものにするために必要なのは、身近なものをよく観察し、小さな機会を逃さない「蟻の眼」。そして、大きな時代の流れを読み解き、商いに繋げる「鶚の目」。それを胸に刻み、懸命に知恵を絞る幸と奉公人たちだが―。ものの考え方も、着物に対する好みも大坂とはまるで異なる江戸で、果たして幸たちは「買うての幸い、売っての幸せ」を実現できるのか。待望のシリーズ第七弾!

 

感想

いやー楽しみにしていた。

この7巻がいままで一番読みごたえがありました。

 

星5つです。

author:アシュール真美ヶ丘店(五位堂駅より奈良交通バス5分), category:読書感想, 19:51
comments(0), trackbacks(0), - -
『そして、バトンは渡された』 瀬尾まいこ 読みました。

 

森宮優子、十七歳。継父継母が変われば名字も変わる。だけどいつでも両親を愛し、愛されていた。この著者にしか描けない優しい物語。 「私には父親が三人、母親が二人いる。 家族の形態は、十七年間で七回も変わった。 でも、全然不幸ではないのだ。」 身近な人が愛おしくなる、著者会心の感動作

 

感想

なんかほっこりする

こんな感じ好きです。

本屋大賞に納得

 

星5つです。

 

 

author:アシュール真美ヶ丘店(五位堂駅より奈良交通バス5分), category:読書感想, 16:45
comments(0), trackbacks(0), - -
エルトン・ジョンの自伝映画『ロケットマン』観ました。

Your Song/ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」などで知られるミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描いた伝記ドラマ

少年レジナルド・ドワイトは、両親が不仲で孤独だったが、音楽の才能に恵まれていた。エルトン・ジョン(タロン・エジャトン)という新たな名前で音楽活動を始めた彼は、バーニー・トーピン(ジェイミー・ベル)と運命的な出会いを果たし、二人で作った「Your Song/ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」などヒットナンバーを次々と世に送り出して世界的な名声を得ることになる。

 

感想

天才エルトン・ジョンの半生をミュージカルなのにちょっと暗い

知ってる曲がたくさんあって良かった

どうしても「ボヘミアン・ラプソディ」と比較してしまう

 

星4つです。

 

author:アシュール真美ヶ丘店(五位堂駅より奈良交通バス5分), category:映画・演劇, 21:36
comments(0), trackbacks(0), - -
「アルキメデスの大戦」観ました。

日本と欧米の対立が激化する昭和8年、日本帝国海軍上層部は巨大戦艦・大和の建造計画に大きな期待を寄せていたが、海軍少将・山本五十六はその計画に待ったをかけた。山本は代替案を提案するも、上層部は世界に誇示する大きさを誇る大和の建造を支持していた。山本は大和の建造にかかる莫大な費用を算出し、大和建造計画の裏に隠された不正を暴くべく、天才数学者・櫂直を海軍に招き入れる。数学的能力、そして持ち前の度胸を活かし、大和の試算を行っていく櫂の前に帝国海軍の大きな壁が立ちはだかる。

 

感想

想像していたよりもかなり良かった。

こう来るか・・・・

 

星5つです。

author:アシュール真美ヶ丘店(五位堂駅より奈良交通バス5分), category:映画・演劇, 13:55
comments(0), trackbacks(0), - -
「ノースライト」横山秀夫読みました。

 

一級建築士の青瀬は、信濃追分へ車を走らせていた。望まれて設計した新築の家。施主の一家も、新しい自宅を前に、あんなに喜んでいたのに…。Y邸は無人だった。そこに越してきたはずの家族の姿はなく、電話機以外に家具もない。ただ一つ、浅間山を望むように置かれた「タウトの椅子」を除けば…。このY邸でいったい何が起きたのか?

 

感想

家族と建築士と親子の再生物語?

建築士の世界にも入っていけました。

良かったです。

 

星5つです。

author:アシュール真美ヶ丘店(五位堂駅より奈良交通バス5分), category:読書感想, 14:18
comments(0), trackbacks(0), - -
映画「ザ・ファブル」観ました。

 

標的を6秒以内に仕留める圧倒的な腕前から裏社会で恐れられる殺し屋、通称ファブル(岡田准一)は、ボス(佐藤浩市)から「殺し屋を1年間休業し、大阪で一般人として普通の生活を送る」というミッションを命じられる。1人でも殺したら処分されるという条件のもと、佐藤アキラという偽名を使い相棒のヨウコ(木村文乃)と兄と妹という設定で、生まれて初めて普通の生活をすることになる

 

感想

スケールの違う日本版『ミッションインポッシブル』かな?

岡田准一のアクションはやっぱりすごい

 

星4つです。

 

author:アシュール真美ヶ丘店(五位堂駅より奈良交通バス5分), category:映画・演劇, 17:38
comments(0), trackbacks(0), - -
三原東高校同窓会還暦ツアー

 

高校の同窓会
還暦厄祓いツアー
伊勢神宮の内宮、神楽殿で厄払い
「御神楽」をおごそかに40分くらい
してもらいました。...
ひさびさの正座で足がしびれた。

https://www.isejingu.or.jp/visit/prayer/index.html

 

 

 

author:アシュール真美ヶ丘店(五位堂駅より奈良交通バス5分), category:広島県立三原東高校, 16:38
comments(0), trackbacks(0), - -
映画『アラジン』観ました。

ダイヤモンドの心を持ちながら、本当の自分の居場所を探す貧しい青年アラジンが巡り合ったのは、王宮の外の世界での自由を求める王女ジャスミンと、 “3つの願い”を叶えることができる“ランプの魔人”ジーニー。
果たして3人はこの運命の出会いによって、それぞれの“本当の願い”に気づき、それを叶えることはできるのだろうか──?

 

感想

吹替え版を観ました。

ディズニーの実写版は、はずれなし。

中村倫也も歌上手かった。

ミュージカル映画はいいです。

 

星5つです。

author:アシュール真美ヶ丘店(五位堂駅より奈良交通バス5分), category:映画・演劇, 14:03
comments(0), trackbacks(0), - -
『宝島』真藤順丈読みました。

 

英雄を失った島に、新たな魂が立ち上がる。固い絆で結ばれた三人の幼馴染み、グスク、レイ、ヤマコ。生きるとは走ること、抗うこと、そして想い続けることだった。少年少女は警官になり、教師になり、テロリストになり―同じ夢に向かった。超弩級の才能が放つ、青春と革命の一大叙事詩!!

米軍施政下の時代に翻弄されながら、立ち向かい、熱く生き抜いた沖縄の若者たちを描く超大作!そして現代に続く基地問題を知る必読の書!

 

感想

沖縄の戦後1952年から1972年の本土返還まで、20年の物語。

こんなことがおこっていたのか、沖縄の歴史が赤裸々に

 

星5つです。

author:アシュール真美ヶ丘店(五位堂駅より奈良交通バス5分), category:読書感想, 21:55
comments(0), trackbacks(0), - -
映画『コンフィデンスマンJP』観ました。

天才的な知能を持つが詰めの甘いダー子と、彼女に振り回されてばかりのお人よしなボクちゃん、百戦錬磨のベテラン詐欺師のリチャードの3人の信用詐欺師は、香港マフィアの女帝ラン・リウが持つと言われる伝説のパープルダイヤを狙い、香港へ飛ぶ。3人がランに取り入るべく様々な策を講じる中、天才詐欺師ジェシーも彼女を狙っていることが判明。さらに以前ダー子たちに騙された日本のヤクザ・赤星の影もちらつきはじめ、事態は予測不可能な方向へ展開していく。テレビドラマ版でおなじみのキャストが再結集するほか、ラン役を竹内結子、ジェシー役を三浦春馬、赤星役を江口洋介がそれぞれ演じる。

 

感想

おもしろかった。ダー子最高、そして竹内結子も

完全に騙されました。エンドロールの最後にお楽しみ映像が・・・

 

星5つです。

author:アシュール真美ヶ丘店(五位堂駅より奈良交通バス5分), category:映画・演劇, 17:08
comments(0), trackbacks(0), - -